アプリケーション開発ポータルサイト
ServerNote.NET
ServerNote.NET厳選キャンペーン・クーポンはこちら!
カテゴリー【WindowsHardware
【Windows】MiniTool Partition Wizardで削除できないパーティションを消す&削除したファイルを復旧する
POSTED BY
2022-06-06

Windows用のディスク総合管理ソフトMiniTool Partition Wizard無料版を試してみた。

https://www.partitionwizard.jp/

から、「ホーム向け」→「Partition Wizard 無料版」を選択「ダウンロード」
pw1206-free-online.exe を実行してインストーラ起動、インストール。

初回起動時のキャプチャー画面。接続されているディスクの一覧と、パーティション内訳が一覧表示されている。

各パーティションを右クリックすると、そのパーティションに可能な操作がポップアップするが、
自分の環境では試したところ表示されているすべてのパーティションで「パーティション抹消」が可能であった。

Windowsの標準ツール「コントロールパネル→システムとセキュリティ→管理ツール→コンピュータの管理→記憶域→ディスクの管理」
では、削除できないパーティションがある(右クリックしても「ボリュームの削除」がグレーアウト)。

自分の場合は下のほうのディスク3(GPT,153,38GB) EFI(FAT32,200MB),その他(153.2GB)=Mac OS X Mojave=がそれである。

その場合、従来では
【Windows】ディスクの管理で削除できないパーティションを消す
のように、コマンドプロンプトでDISKPARTコマンドを使って消すしかなかったが、このMiniTool Partition Wizardであれば、GUIから普通に消すことが出来るので便利である。

MiniTool Partition Wizardには削除してしまったファイルを復元する機能もついている。

ちょうど「マイドキュメント」→「Captures」フォルダにいれていたキャプチャJPGを全部消したばかりだったので、復旧を試みてみる。
当方は「ゴミ箱にファイルを移動しないで、削除と同時にファイルを消す」としているので、ゴミ箱は使用していない。

左上メニュー「データ復元」をクリック→「特定の場所から回復する」→「フォルダーを選択」で「マイドキュメント」→「Captures」を選び開始。

すると、どうやらこのフォルダだけでなくディスク全体のスキャンが開始される模様。であれば終わるには当然ながら大量の時間がかかりそうである。
ただ自分の場合は、その途中でも、「紛失ファイルをもっと表示」→「JPEG Graphics file」に、削除したキャプチャ画面が早くも復旧されており参照できた。
終わる前に確認できたのはたまたまかもしれないが、データの復元も問題なさそうである。

【Windows】MiniTool Partition Wizardでディスクのスピードと使用状況を分析する

マッサージ、リラクゼーションの検索&予約サイトの【EPARKリラク&エステ】
◆ここに注目!◆ マッサージ、リラクゼーションサロンの検索&予約サイト「EPARKリラク&エステ」 マッ...READ MORE
糖質88%OFF&糖類ゼロで食べられるダイエット【低糖質ふすま粉パン】
「低糖質ふすま粉パン」はシリーズ販売累計43万個を突破した人気商品です。 独自の製造技術により、パンのお...READ MORE
エコ先進国オーストラリア発・オーガニックバンブーのエコウェアブランド【BOODY】
「人と地球にやさしい」をコンセプトに、環境負荷の少ないサステナブル素材「竹」を 原料にしたウェアを取り...READ MORE
※本記事は当サイト管理人の個人的な備忘録です。本記事の参照又は付随ソースコード利用後にいかなる損害が発生しても当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
※本記事内容の無断転載を禁じます。
【webmaster/管理人】
自営業プログラマー
ご連絡は以下アドレスまで★

☆ServerNote.NETショッピング↓
ShoppingNote
☆お仲間ブログ↓
一人社長の不動産業務日誌
【キーワード検索】