アプリケーション開発ポータルサイト
ServerNote.NET
ServerNote.NET厳選キャンペーン・クーポンはこちら!
カテゴリー【CORESERVERMySQL
MariaDBに変わったCORESERVERでlibmysqlclientを自力でビルドして復旧する
POSTED BY
2022-05-30

CORESERVER v1プランのサーバーがアップグレードされたらしく、MySQL5.7でなくMariaDB10.6になってしまった。

https://www.coreserver.jp/info/brandnew2022/

これにより、MySQLで作成していた自分のデータベースはすべて中身がカラになって全消えしていた。え?ひどくない!?!?自分だけ??

まあ、もともと格安レンタルサーバーであるのでこんなこともあろうかとDB自体はダンプを毎日していたのでデータ自体はなんとかなるが、libmysqlclientが無くなったことによりCGIプログラムが動かない。

MariaDB10.6になったとのことなので、それのクライアントCライブラリを得てCGIをリビルドしたいが、新CORESERVERのシステム内にはいくら探しても入っていない。

とりあえず公式サイトからUbuntu用のCクライアントバイナリを落としてリンクしてみたものの、おそらく構造体の仕様やデバッグシンボルの有る無しが一致せずmysql_real_connectであえなくSegmentation Fault。

こうなったらもはや、CORESERVERの自分の領域にMariaDB10.6そのものをソースコード一式から自力でコンパイル・インストールするしかない。全部のビルドが成功すれば、その中にCのクライアントライブラリもあるはずだ。

これをするには、まず以下のように、自分の領域にgcc/g++コンパイル環境をセットアップ済みでなければならない。

レンタルサーバーCORESERVERにgcc/g++8.3をソースからインストールして使う

これがなされていれば、あとは同じように、必要ソフトウェアを--prefix=$HOME/.local/以下にビルド・インストールすれば良いのだ。では早速行ってみよう。

1、$HOME/.local/binへのPATHを通す

上記自力インストールのgccやg++コマンドはパスを通しておく。通ってないと各ソースのconfigureでコンパイラが無いと言われて進めない。以降ここにcmakeや関係コマンドも入ってくる。

export PATH=$HOME/.local/bin:$PATH

既存$PATHよりも前に記述して優先順位を高くしないと、システムの/usr/binなどが優先されてしまうので注意。

2、cmakeをソースコードからビルド・インストール

wget https://github.com/Kitware/CMake/releases/download/v3.23.0/cmake-3.23.0.tar.gz
tar xvfzp cmake-3.23.0.tar.gz

cd cmake-3.23.0/
./configure --prefix=$HOME/.local

make
make install

which cmake
~/.local/bin/cmake

3、ncursesをソースコードからビルド・インストール

wget http://invisible-mirror.net/archives/ncurses/ncurses-6.3.tar.gz
tar xvfzp ncurses-6.3.tar.gz

cd ncurses-6.3/
./configure --prefix=$HOME/.local --with-shared

make
make install

4、MariaDB10.6本体をソースコードからビルド・インストール

wget https://archive.mariadb.org/mariadb-10.6.7/source/mariadb-10.6.7.tar.gz
tar xvfzp mariadb-10.6.7.tar.gz

cd mariadb-10.6.7/
./BUILD/autorun.sh
./configure --prefix=$HOME/.local/mysql

make
make install

これで、.local/mysql以下にMariaDB一式が無事インストールされた!

Cのクライアントライブラリmysql.hとlibmysqlclient.aが、下記に無事生成されている!!

.local/mysql/include/mysql/mysql.h
.local/mysql/lib/libmysqlclient.a

あとはこれを使って自分のプログラムをリビルド&リンクすれば、新CORESERVERで動いているMariaDB10.6 ServerにCクライアントで接続できる!

$HOME/.local/bin/g++ -I$HOME/.local/include/c++ -I$HOME/.local/mysql/include -L$HOME/.local/lib64 -static-libstdc++ -static-libgcc $HOME/.local/mysql/lib/libmysqlclient.a myprogram.cpp

-I$HOME/.local/mysql/includeでパスを通し、スタティックリンクライブラリ$HOME/.local/mysql/lib/libmysqlclient.aをそのまま含めてしまえばよい。

いやー、ここまでたどりつくのが大変だった。。今日朝気づいてから丸一日かかった…

【開運】商品の決定版:手書き護符
【開運】商品の決定版:手書き護符 販売の販促プログラムです。 弊社の別プログラム かなえやの護符販売...READ MORE
ゴールドジム公式ECサイト【フィットネスショップ】
ゴールドジム公式ECサイト【フィットネスショップ】は、 本格的に鍛えたい方向けの【トレーニング器具】から...READ MORE
検索順位をボタン一発で調査、記録。検索順位チェックツールGRC
検索順位チェックツールGRCは、ウェブサイトの日々の検索順位を調査、記録するSEO対策の基本ツールです。 2...READ MORE
※本記事は当サイト管理人の個人的な備忘録です。本記事の参照又は付随ソースコード利用後にいかなる損害が発生しても当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
※本記事内容の無断転載を禁じます。
【webmaster/管理人】
自営業プログラマー
ご連絡は以下アドレスまで★

☆ServerNote.NETショッピング↓
ShoppingNote
☆お仲間ブログ↓
一人社長の不動産業務日誌
【キーワード検索】