アプリケーション開発ポータルサイト
ServerNote.NET
ServerNote.NET厳選キャンペーン・クーポンはこちら!
カテゴリー【Node.jsJavaScript仮想通貨
Cannot read property makeRandom of undefinedと言われた場合
POSTED BY
2022-07-28

bitcoinjs-libのサンプルで表題のエラーが出た場合。以下のようなコード。

const bitcoinLib = require('bitcoinjs-lib')
const keyPair = bitcoinLib.ECPair.makeRandom()

TypeError: Cannot read property 'makeRandom' of undefined

調べてみると、bitcoinjs-libの中であろうと、単独のecpairであろうと、ECPair自体がもはや機能しないとのこと。
ではどうするか?bip32, bip39を使うらしい。

以下、bipを使ってビットコインアドレス・秘密鍵・ニーモニックコードを発行するサンプルが動作した。

JavaScriptbitcoinjs-bip-sample.jsGitHub Source
const bitcoin = require('bitcoinjs-lib');
const bip32 = require('bip32');
const bip39 = require('bip39');

const network = bitcoin.networks.bitcoin // テストネットの場合は bitcoin.networks.testnet とする
const path = `m/49'/0'/0'/0` // テストネットの場合は m/49'/1'/0'/0 とする

let mnemonic = bip39.generateMnemonic();
const seed = bip39.mnemonicToSeedSync(mnemonic);
let root = bip32.fromSeed(seed, network);

let account = root.derivePath(path);
let node = account.derive(0).derive(0);
let btcAddress = bitcoin.payments.p2pkh({
  pubkey: node.publicKey,
  network: network,
}).address;

console.log(`
New Generated Bitcoin:
 - Address  : ${btcAddress},
 - Key : ${node.toWIF()}, 
 - Mnemonic : ${mnemonic}
`);

インスタグラムで話題のレディースファッションサイト【Classical Elf】
国内最大級のファッションモール「ZOZOTOWN」レディースランキングに多数アイテム掲載の実績がある ファッシ...READ MORE
Oisixおためしセット販売
\ご利用者様270万人突破!(2019年11/1時点)/食材宅配サービスOisixのおためしセットが、税込み1980円で購...READ MORE
コストを抑える。必要機能は十分
PDFファイルの「作成・編集・変換・電子署名」のフル機能がこれひとつで。 自由自在かつ直感的にPDFのテキス...READ MORE
※本記事は当サイト管理人の個人的な備忘録です。本記事の参照又は付随ソースコード利用後にいかなる損害が発生しても当サイト及び管理人は一切責任を負いません。
※本記事内容の無断転載を禁じます。
【webmaster/管理人】
自営業プログラマー
ご連絡は以下アドレスまで★

☆ServerNote.NETショッピング↓
ShoppingNote
☆お仲間ブログ↓
一人社長の不動産業務日誌
【キーワード検索】